下図は、Flowsquare+においてシミュレーションを実施する際の流れを示しています。Flowsquare+では、流体シミュレーション初心者の方も経験者の方も使いやすいインターフェースを実現するために、様々なレベルの入力ファイルを利用可能となっています。

ユーザー自身で準備する入力ファイルとして、シミュレーション領域の形状(境界条件)などを決定するための、境界条件設定画像ファイル3次元CADモデルがあります。しかし、これらのファイルは常にすべて必要というわけではありません。

Flowsquare+において、ボタンにより選択するプリセット境界条件を上手く活用することで、例えば、インターネットからダウンロードしたCADファイルのみを用いてシミュレーションを実施、ということも可能です。流入速度や空間解像度などのパラメータは別途、インターフェースを通じて設定されます。

Flowsquare+によるシミュレーションの流れ。青領域はFlowsquare+内のインターフェース、青矢印は入力および出力を示す。

プリセット境界条件

Flowsquare+にて、よく用いられる境界条件を予め準備しております。これらのプリセット境界条件から、一つボタンで選択することで、基本的な境界条件を入力ファイル無しで指定することができます。プリセット境界条件に関するより詳しい説明はこちらでご覧になれます。

境界条件設定画像ファイル

壁や流入境界といった境界条件は、ペイントソフトなどで編集できるビットマップ画像を用いて指定することができます。

ビットマップ画像は、必要に応じて、XY断面、YZ断面、ZX断面を指定する画像から構成され、それぞれ、XY#.bmp、YZ#.bmp、ZX#.bmpというファイル名を持ちます。#には0~9までの数字が入り、異なる数字のファイルを作成することで、断面図最大10枚まで用いることができます(例:XY0.bmp, XY1.bmp, ..., XY9.bmp)。ただし、2次元シミュレーションでは、XY断面図1枚のみの利用です。

境界条件の種類は、色を用いて指定します。様々な色を用いることで、比較的複雑な3次元形状を構築することが可能です。境界条件設定画像ファイルのより詳しい説明はこちらでご覧になれます。

3次元CADモデル

より高度な形状を指定したい場合や、既に電子的な設計図などが存在する場合、CADモデルを入力し、境界条件に反映することも可能です。

Flowsquare+では、CADモデルとして、ほぼ全てのCADソフトにて保存可能なSTL形式のファイルに対応しており、入力ファイルパス上に存在するbc.stlと名付けられたSTLファイルを入力します。CADモデルのより詳しい説明は、こちらにてご覧になれます。

パラメータ

Flowsquare+におけるシミュレーションに直接関係するパラメータは、インターフェースを通じて設定し、 param.txtに保存されます。

全てのパラメータは、Flowsquare+内のパラメータ編集画面において自由に編集することが可能です。個々のパラメータの説明や、正誤チェックなどの機能も付いているため、比較的簡単に設定することが可能です。また、公開されている様々なテストケースを参考にして、個々のパラメータを決定することも可能です。

パラメータに関するより詳しい説明は、こちらでご覧になれます。