head_img

出力ファイルの内容と活用

ファイル構成

Flowsquare+を用いたシミュレーション中、プロジェクト・フォルダ内の./dumpディレクトリにパラメータで設定するnfileごとの瞬時場データが保存されます。瞬時場データは、以下のファイルから構成され、これらは時間ステップにより命名されるフォルダ内に格納され、./dumpディレクトリに出力されます。

  • info.txt
    本ファイルには、当該瞬時場の出力されたシミュレーション中の物理時刻や時間ステップ幅、メッシュ数など、シミュレーションに関する基本情報がテキスト形式で格納されています。
  • ufld.raw
    X方向速度成分の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です。
  • vfld.raw
    Y方向速度成分の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です。
  • wfld.raw
    Z方向速度成分の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です。
  • yfld.raw
    流体中の物質の質量分率の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です。
  • afld.raw
    流体の検査領域内における滞留時間(age変数)の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です。
  • pfld.raw
    presWからの圧力差の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です。
  • rfld.raw
    流体密度の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です(cmode=1のみ)。
  • tfld.raw
    流体温度の3次元場を構成する3次元バイナリデータで、(nx, ny, nz)サイズを有する倍精度浮動小数点です(cmode=1のみ)。

これらのバイナリファイルは、Flowsquare+の解析モードで再度読み込み、データの可視化・詳細な解析を行うことも可能ですが、外部の可視化ソフト(Paraview)などで読み込み・可視化を行うことも可能です。その際は、データ形式として、バイナリを選択し、上記のサイズを指定してください。

上記の3次元データは、(lx, ly, lz)のシミュレーション領域を等間隔の(nx, ny, nz)格子点で離散化したデータであり、x, y, z方向の格子点間隔は、それぞれlx/(nx-1), ly/(ny-1), lz/(nz-1)で計算することが可能です。


 


Top