パラメータ・ファイル読み込み画面

パラメータ・ファイル読み込み画面では様々な情報が表示されていますが、基本的には各行1つのパラメータに関する情報が表示されているだけです。それぞれの行の構成は、パラメータ名、パラメータ(数値またはラジオボタン)、パラメータの説明文(長すぎる場合は先頭から表示できる分まで)となっています。パラメータの説明文は、すべて表示されていない場合もありますが、[H]キーを押すことで、長いパラメータ文全ての表示・非表示を切り替えることができます。本画面では、パラメータの数値やボタンの変更のみが可能です(現在のところ、パラメータ名の変更や、新規のパラメータの追加などは、この画面からではできません)。

パラメータ・ファイル読み込み画面
  1. パラメータ名
  2. パラメータ
    編集可能な数値またはボタン。
  3. パラメータの説明文
    長すぎる場合は先頭から表示できる分までが表示される。[H]キーを押すことで、全文の表示・非表示を選択。
  4. param.txtのパス
    現在読み込み中のparam.txtのFSPフォルダからの相対パス。

境界条件ファイル読み込み画面

境界条件読み込み画面では、読み込んだ各画像(bcXY0.bmpなど)が物理的な縮尺で設定された計算格子点と共に表示されますが、それ以外にも、右側に位置するスクロール可能な画面内に、3次元モデル構築手法選択のためのラジオボタンなどが表示されています。この右側領域には、プリセットカラーと共に、境界条件ファイルにて用いらている色ごとに設定項目が表示されます。

境界条件ファイル読み込み画面
  1. 色及びその色のRGB情報
    境界条件ファイルにて用いられている色及びその色のRGB情報。黒、青、赤、緑のプリセットカラーのみ使用されていなくても表示される。
  2. 各色に対するストレッチング平面
    各色に対してストレッチング(Strtch)を適用する場合のストレッチング平面。この平面内の該当色がストレッチされる。
  3. 各色に対するシンメトリック対称平面
    各色に対してシンメトリック(Symmtr)を適用する場合のシンメトリック対称平面。領域中央を通るこの平面に対して対称な物体が構築される。

シミュレーション画面

シミュレーション画面では、シミュレーションに関するパラメータ、現在表示中の物理量に関するパラメータなど様々な情報が表示されます。

シミュレーション画面
  1. プロジェクト名
  2. 実行モード
    シミュレーション・モード(Simulation Mode)、又は解析モード(Analysis Mode)。
  3. プロジェクトのタイプ
    新規のプロジェクト(New Project)、又は既存のプロジェクト(Existing Project)。
  4. 時間ステップ幅
  5. 現物理時刻における最大CFL数
  6. 1タイムステップ当たりの平均計算時間(ミリ秒)
    直近20タイムステップ数における平均値。
  7. 平均計算時間に基づくシミュレーション終了までの推定残り時間
  8. プリセット・カラーではない、任意色に基づく3次元モデルの表示状況
    表示(中実)・非表示(中空〇)。
  9. プリセット黒色に基づく3次元モデルの表示状況
    表示(中実)・非表示(中空〇)。
  10. プリセット青色に基づく流入/境界条件の表示状況
    表示(中実)・非表示(中空〇)。
  11. プリセット赤色に基づく流入/境界条件の表示状況
    表示(中実)・非表示(中空〇)。
  12. プリセット緑色に基づく境界条件の表示状況
    表示(中実)・非表示(中空〇)。
  13. ライセンス情報
  14. 表示物理量の最小値
  15. 表示物理量の中間地
  16. 表示物理量の最大値
  17. 表示物理量の名前
    • RHO (kg/m^3)
      流体密度 (kg/m^3)。
    • U (m/s)
      x方向速度成分 (m/s)。
    • V (m/s)
      y方向速度成分 (m/s)。
    • W (m/s)
      z方向速度成分 (m/s)(3次元シミュレーションのみ)。
    • |U| (m/s)
      速度の絶対値 (m/s)。
    • T (K)
      温度 (K)(熱流体シミュレーションモードのみ)。
    • P - P0 (Pa)
      圧力から初期圧力(presW)を減算したもの。
  18. 現在の物理時間(秒)
    シミュレーション開始を0秒とし、時間ステップ幅×時間ステップ数から算出される時刻。
  19. 現在の時間ステップ
  20. 現在の1ステップ当たりの計算時間
    流体計算に係る計算時間+描画に係る時間(1ステップ当たり)。
  21. ポアソン方程式に関する収束までの繰り返し計算数
  22. ポアソン方程式収束後の相対誤差
    初期圧力(presW)に対する平均誤差
  23. ショートカットキーやマウス操作などのヘルプ
    [H]キーで表示・非表示の切り替え